/

米国株、ダウ反発し834ドル高 コロナワクチンの普及期待で

【NQNニューヨーク=横内理恵】9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅反発した。前週末比834ドル57セント(2.9%)高の2万9157ドル97セントと2月以来の高値で終えた。新型コロナウイルスワクチンの承認が近いとの見方が広がり、寄り付き直後には一時1610ドル高となった。引けにかけて主力ハイテク株への売りが強まり、ダウ平均は伸び悩んで終えた。

9日に米製薬大手ファイザーが独ビオンテックと共同開発するコロナワクチンの臨床試験で9割以上の被験者に感染防止効果がみられたとの初期データを発表した。安全性の検証が終わり次第、11月第3週にも米食品医薬品局(FDA)にワクチンの緊急使用許可を申請するという。

ワクチン実用化で経済活動の再開が加速するとの見方から景気敏感株に買いが集まった。ダウ平均の構成銘柄ではクレジットカードのアメリカン・エキスプレス(アメックス)が2割超上昇。航空機のボーイングや映画・娯楽のウォルト・ディズニー、石油のシェブロンも10%を超える上げとなった。米長期金利の上昇を受けてJPモルガン・チェースなどの金融株も急騰した。

7日に米大統領選で民主党のバイデン前副大統領の当選が確実になった。バイデン氏は同日に勝利宣言し、コロナ対策や米経済の立て直しなどの政策の準備を始めた。米政治を取り巻く不透明感が後退したとの見方も、投資家が積極的に運用リスクを取る動きにつながった。

ダウ平均は2月12日に付けた過去最高値(2万9551ドル)を上回って推移する場面が目立ったが、引けにかけては上げ幅を縮めた。在宅勤務や巣ごもり消費拡大を背景にコロナ禍でも買われてきたソフトウエアのマイクロソフトなど、主力ハイテク株などの下げが加速した。ダウ平均構成銘柄では、ホームセンターのホーム・デポの下落も目立った。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は6営業日ぶりに反落し、前週末比181.447ポイント(1.5%)安の1万1713.783で終えた。ハイテク株を売って相対的に割安な景気敏感株に乗り換える動きが強まった。動画配信のネットフリックスやビデオ会議システムのズーム・ビデオ・コミュニケーションズなど、在宅勤務の関連銘柄に売りが目立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン