/

ロンドン株、一時約7カ月ぶり安値 独仏は3%超安

【NQNロンドン】28日朝のロンドン株式市場でFTSE100種総合株価指数は続落している。英国時間9時15分時点は前日に比べて94.74ポイント(1.7%)安の5634.25だった。一時5580.77と4月3日以来およそ7カ月ぶりの安値水準を付けた。

英紙テレグラフ電子版は27日夜、ジョンソン英首相に新たなロックダウン(都市封鎖)導入への圧力がかかっていると報じた。新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、追加の経済活動の制限措置が実施されるとの警戒感が出ている。

独株式指数(DAX)と仏CAC40はそれぞれ下落率が3%を超える場面があった。仏では28日に新たな新型コロナ対策が発表される予定で、独も対策を検討中と伝わった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン