/

ロンドン株10時 下落 医薬品株とたばこ株に売り

【NQNロンドン】27日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は下落している。英国時間10時の時点では、前日の終値に比べ48.92ポイント(0.8%)安の6314.01で推移している。構成銘柄の9割近くが下げている。

英製薬大手のアストラゼネカと英オックスフォード大学が開発する新型コロナウイルスワクチンの有効性に疑念が広がり、ワクチンの早期普及に対する期待がやや後退している。英国と欧州連合(EU)の将来関係を巡る交渉の先行き懸念もあり、売りが優勢となっている。

医薬品株とたばこ株が売られ、株価指数を押し下げている。住宅サービス会社のホームサーブが3%安と目立つ。鉱業のフレスニージョは買われている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン