/

ロンドン株10時 小動き 鉱業株安い WPP大幅安

【NQNロンドン】4日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は小動き。英国時間10時時点では、前日3日の終値に比べ3.27ポイント安の7501.33で推移している。上昇と下落の銘柄数はほぼ拮抗。上がって始まった後、小幅安に転じている。鉱業関連株の値下がりが株価指数を押し下げる一方で、銀行株の値上がりが下値を支えている。

銅と金の相場が下落していることから、鉱業関連株は軒並み売られている。金関連のフレスニージョの下げが大きい。広告のWPPグループは5%超の下落。一時は8%超安を付けた。通期見通しについて売上高を引き上げたものの、利益率については引き下げたことが響いている。

時価総額の大きい携帯電話サービスのボーダフォン・グループの下げも株価指数を下押ししている。外食デリバリーサービスのジャスト・イートの値下がりも目立つ。

半面、複合企業のスミス・グループは買われている。同社の医療関連部門に対し、米医療機器会社のICUメディカルが新たな買収提案を行ったが、スミス側が拒否したと一部で報じられた。アナリストが投資判断を引き上げた銀行のロイズ・バンキング・グループも上がっている。郵便大手のロイヤル・メールは前日に引き続き上昇している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン