最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 21,363.05 +26.93
日経平均先物(円)
大取,17/12月
21,350 ±0

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株10時 小反発、鉱業株が堅調 

2017/10/12 18:31
共有
保存
印刷
その他

【NQNロンドン】12日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は小反発。英国時間10時時点では、前日終値に比べ7.41ポイント高の7541.22で推移している。構成銘柄の約7割が上昇している。低調な取引の中、売りがやや先行して始まった後、主力の鉱業株を中心に買いが広がり指数を押し上げた。一方で配当の権利落ちとなった銘柄が大幅に下げており、指数の上値を抑えている。

 金属相場の上昇を受けて鉱業株が全面高の展開。なかでも金価格が高くなったことで関連のフレスニージョの上げが目立つ。前日安く引けたアントファガスタも高い。

 セント・ジェームズ・プレイスを筆頭に保険株が上昇。

 エアベルリンの資産売却を巡り交渉を続けている航空のイージージェットも高い。前日夕に同業の独ルフトハンザがエアベルリンの一部資産を購入することで合意したと伝わった。

 欧州有料テレビ大手のスカイは、四半期増収と契約数の増加を発表したことを手掛かりに上げている。

 半面、銀行株が軟調。なかでも配当の権利落ちとなったHSBCホールディングスが大幅下落している。同様にガス供給・販売のセントリカとスーパーマーケットのテスコも安い。パーシモンなど住宅建設株が売られている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム