/

ロンドン株10時 コロナ規制強化で航空株などに売り

【NQNロンドン】22日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は下落している。英国時間10時の時点では、前日の終値に比べ18.09ポイント(0.3%)安の5758.41で推移している。構成銘柄の半数以上が下落している。

新型コロナウイルスの感染を抑えるための規制強化で経済悪化を懸念した売りが続いている。規制の影響を受けやすい銘柄の下げが目立つ。食品サービスのコンパス・グループやインターコンチネンタル・ホテルズ・グループ、航空株などが下落の首位を占めている。害虫駆除のレントキル・イニシャルは高い。せっけんなど消毒剤の需要が増えたことから第3四半期決算が増益となったことを好感した。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン