2018年9月18日(火)

9/18 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証大引け 3日続伸 米、対中制裁表明で買い戻し加速
  2. 2位: IFRSが招く錯覚 動く株価、透ける短期志向[有料会員限定]
  3. 3位: 貿易戦争懸念再び ドルと円の拮抗続くか[有料会員限定]
  4. 4位: 株、買い戻し呼んだ対中制裁第3弾 危うさ潜む独歩高[有料会員限定]
  5. 5位: セブン&アイ、本気で取り組むアプリの実力[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,420.54 +325.87
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,280 +310

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株10時 反落 ポンド高で輸出企業に売り

2018/9/11 18:30
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】11日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は反落。英国時間10時時点では、前日10日の終値に比べ31.23ポイント安の7248.07で推移している。外国為替市場でポンド高・ドル安が進んでいることを背景に輸出企業を中心に売りが広がっている。構成銘柄の8割近くが下落している。

 たばこ株や、衣料小売りと食品事業のアソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズ(ABF)、医薬品のグラクソ・スミスクラインが安い。鉱業株は全面安で推移している。いずれも為替変動の影響を受けやすい多国籍企業であることから、ポンド高による収益圧迫を意識した売りが出た。ABFは複数のアナリストが目標株価を引き下げたことも値下げ要因になった。同様に航空のイージージェットも下げている。

 銀行株をはじめ金融株は軒並み下落している。

 半面、建機・産業機器レンタルのアシュテッド・グループが大幅上昇。四半期決算が大幅な増益となり、通年の見通しにも強気の姿勢を示したことが好感された。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム