10/15 12:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,174.45 +375.58
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,170 +370

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

10月11日(金)14:20

首都圏のJR在来線 あす午後1時ごろまでに運休[映像あり]

気象庁 台風19号「狩野川台風に匹敵の可能性」

10月11日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株10時 小動き セントリカ急落 石油株高い

2019/7/30 18:44
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】30日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は小動き。英国時間10時時点では、前日の終値に比べ0.45ポイント安の7686.16で推移している。構成銘柄の約6割は下落している。前日に大幅上昇したこともあり、狭い値幅での取引となっている。

たばこと銀行株に売りが出る一方で、時価総額の大きい石油株が買われ、下値を支えている。

ガス供給・販売のセントリカは12%安。上期の減配と最高経営責任者(CEO)の退任を発表したことが売り材料となっている。鉱業のフレスニージョは、減産とコスト増により上期の利益が大幅に縮小したと発表し、9%近く下がっている。日用品のレキットベンキーザーも3%超の下落。売上高について、四半期が市場予想を下回ったほか、通期目標も引き下げたことが響いている。航空のインターナショナル・エアラインズ・グループも、同業の独ルフトハンザが欧州市場の厳しい環境を指摘したことを受けて、売られている。

半面、石油のBPが高い。四半期の利益が市場予想を上回ったことが好感されている。鉱業のリオ・ティントと酒類のディアジオも買われている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム