最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,012.74 +587.93
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,950 +550

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株10時 下げ幅拡大 米中対立を懸念

2019/11/20 19:41
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】20日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は下げ幅を広げている。英国時間10時時点では、前日の終値に比べ81.78ポイント(1.12%)安の7242.02で推移している。5銘柄を除くすべての銘柄が下落している。

米議会上院が19日に「香港人権・民主主義法案」を可決したのを受けて米中関係の悪化が懸念され、売りが先行している。資源と金融株の下落が株価指数の下げに大きく影響している。

第3四半期の減収が響いて、小売りのキングフィッシャーは5%超下がっている。ソフトウエア開発のセージ・グループも4%超の下落。通期の営業利益が大幅に縮小したことが嫌気されている。総合保険のアヴィヴァも大幅安。20日に発表された事業戦略が市場予想よりも小規模にとどまったことが売り材料となっている。アジアとの関係が深い銀行のHSBCホールディングスとスタンダードチャータード銀行も売りが目立っている。

特殊化学のクローダ・インターナショナルは買われている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム