/

ロンドン株10時 上げ幅広げる 医薬品株と鉱業株高い

【NQNロンドン】20日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は上げ幅をやや広げている。英国時間10時の時点では、前日の終値に比べ31.19ポイント(0.5%)高の6365.54で推移している。構成銘柄の7割近くが上昇している。

医薬品株と鉱業株が買われ、株価指数を押し上げている。新型コロナウイルスの感染拡大による景気への悪影響や、英国と欧州連合(EU)の将来関係を巡る交渉の先行き懸念で上値は重い。

鉱業のアントファガスタの上げが目立つ。航空・防衛のBAEシステムズも買われている。ソフトウエア開発のセージ・グループは13%下げている。2020年9月期通期の営業利益が減少したことが響いている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン