2019年2月21日(木)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,431.49 +128.84
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,420 +120

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「崔真淑のサイ視点」[映像あり]

2月20日(水)14:20

REIT型投信に個人回帰 2年3カ月ぶり流入超[映像あり]

パソナ 企業向け外国人材支援サービス

2月20日(水)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株10時 小動き ポンド高で多国籍企業銘柄安い

2018/10/10 18:22
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】10日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は小動き。英国時間10時時点では、前日の9日終値に比べ1.07ポイント安の7236.52で推移している。構成銘柄の約6割が下落している。

ポンドが上昇していることから、通貨高で業績に悪影響を受ける多国籍企業銘柄に売りが広がっている。鉱業株の値下がりが株価指数を押し下げる一方で、銀行株の上げが指数の下値を支えている。

金属価格の下落を背景に、鉱業関連株は軒並み売られている。アントファガスタの下げが目立つ。ファッションのバーバリー・グループは4%安。中国の景気減速が懸念されていることから、同国での消費が抑えられるとみられる高級ブランド銘柄が欧州各国市場で売られている。製紙のモンディと包装のDSスミスの値下がりも大きい。

半面、バークレイズなど銀行株とBPなど石油株は高い。通信のBTグループの値上がりも目立つ。ソフトウエア開発のセージ・グループは、アナリストが投資判断を引き上げたことが好感され上昇している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム