2018年7月16日(月)

7/16 11:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 112円台で巨額のドル売り FX投資家の次の一手[有料会員限定]
  2. 2位: 国際会計基準の採用企業増加 時価総額で3分の1 海外M&Aの増加反映[有料会員限定]
  3. 3位: ROICが変える経営[有料会員限定]
  4. 4位: 株、景気への期待再び 長期拡大も「今回は違う」[有料会員限定]
  5. 5位: 日本株ADR13日、買い優勢 ソニーの上げ目立つ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,597.35 +409.39
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,600 +390

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

7月13日(金)14:19

ウォルマート 西友売却「決定していない」[映像あり]

トランプ氏が英との貿易協定に難色 穏健離脱を批判

7月13日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株10時 3日ぶり反落、鉱業株に売り、小売りのM&Sとネクスト安い

2018/4/6 18:31
保存
共有
印刷
その他

【NQNロンドン】6日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は3営業日ぶりに反落。英国時間10時時点では、前日5日の終値に比べ15.58ポイント安の7183.92で推移している。構成銘柄の6割近くが下落している。

 週末を控え低調な取引となる中、米中貿易摩擦への懸念がふたたび意識され、アジア株が軟調に推移した流れが欧州株にも波及して始まった。株価指数への寄与度が大きい鉱業株が軒並み下落しているほか、アナリストの評価を受けて小売株に売りが膨らみ指数の重荷になっている。一方で公益事業株や時価総額の大きいたばこ株が買われており、下げ幅は限定だ。

 資源商社のグレンコアやフレスニージョをはじめ鉱業株はほぼ全面安の展開。金属相場が下げていることや、前日大幅上昇したことで利益確定の売りが出た。同様に銀行株も売りが先行している。

 小売株のマークス・アンド・スペンサー(M&S)とネクストが安い。アナリストが投資判断を引き下げたことが、売り材料視された。同業のキングフィッシャーも連れ安。

 食品・日用品のユニリーバや総合ヘルスケアのNMCヘルスが軟調。

 半面、たばこ株への買いが続き、続伸。景気動向に左右されにくいとされる総合公益会社のユナイテッド・ユーティリティーズなど公益事業株と、ガス供給・販売のセントリカ、電力のSSEなどエネルギー株も上昇。前日大幅に下落したダイレクトライン・インシュアランス・グループは買い戻されている。

保存
共有
印刷
その他

新着記事一覧

読まれたコラム