韓国株23日 3日ぶり反落、主力半導体に売り

2019/10/23 16:03
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQN香港=林千夏】23日の韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI)は3営業日ぶりに反落した。終値は前日比8.24ポイント(0.39%)安の2080.62だった。英国の欧州連合(EU)離脱問題を巡る先行き不透明感が重荷だった。米半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)が22日公表した10~12月期の業績見通しが市場予想を下回り、主力半導体株の売りを促した。

半導体メ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]