/

日経平均大引け 反落、517円安 経済活動再制限の可能性を警戒

29日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前週末比517円04銭(2.30%)安の2万1995円04銭で終えた。終値で15日以来2週間ぶりに2万2000円を割り込んだ。米国での新型コロナウイルスの感染「第2波」により、経済活動が再度制限される可能性が警戒された。30日にも中国政府が香港での反政府行為を禁じる「香港国家安全維持法案」を可決するとの見方も、米中対立激化への懸念を深め売り材料となった。

6月末の配当権利落ちで日経平均は前週末終値と比べ約31円下押しされた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン