/

日経平均大引け、3日続伸 欧米株高を好感、上値では利益確定も

29日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前日比243円69銭(1.59%)高の1万5566円83銭で終えた。前日の欧米株式相場が3営業日ぶりに反発し、投資家が運用リスクを回避する姿勢を緩めるとの見方からこれまで売り込まれていた輸出関連株や金融株に買い戻しが入った。一時は303円高の1万5626円と英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けて日経平均が急落した24日の日中取引の高値と安値の半値戻しの水準に達したが、この水準では利益確定目的の売りが出て伸び悩んだ。

朝方から買いが先行し、午後に上げ幅を広げた。アジアの主要な株価指数が総じて上昇したほか、時間外取引で米株価指数先物が堅調に推移し29日の米株式相場が上昇するとの観測も買い安心感につながった。買い一巡後は円相場が前日比で上昇に転じたことなどもあって、トヨタマツダなど輸出関連株が伸び悩んだ。

東証1部の売買代金は概算で2兆2060億円(速報ベース)と、4日続けて、活況の目安とされる2兆円を上回った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン