2018年1月18日(木)

1/18 17:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 株、2万4000円を一時上回る 市場関係者の見方[有料会員限定]
  2. 2位: 東証14時 下げに転じる、短期的な上昇に警戒感
  3. 3位: 東証大引け 続落、国内勢が売り 一時2万4000円台まで上昇も
  4. 4位: ミセス・ワタナベ 日銀発の円高に歯止め[有料会員限定]
  5. 5位: 日経平均大引け 続落 高値警戒で利益確定売り[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 7,095,827億円
  • 東証2部 105,767億円
  • ジャスダック 120,224億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.47倍 --
株価収益率19.26倍17.52倍
株式益回り5.18%5.70%
配当利回り1.37% 1.45%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 23,763.37 -104.97
日経平均先物(円)
大取,18/03月
23,770 -50

[PR]

国内株概況

日経平均大引け、3日続伸 欧米株高を好感、上値では利益確定も

2016/6/29 15:07
保存
共有
印刷
その他

 29日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前日比243円69銭(1.59%)高の1万5566円83銭で終えた。前日の欧米株式相場が3営業日ぶりに反発し、投資家が運用リスクを回避する姿勢を緩めるとの見方からこれまで売り込まれていた輸出関連株や金融株に買い戻しが入った。一時は303円高の1万5626円と英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けて日経平均が急落した24日の日中取引の高値と安値の半値戻しの水準に達したが、この水準では利益確定目的の売りが出て伸び悩んだ。

 朝方から買いが先行し、午後に上げ幅を広げた。アジアの主要な株価指数が総じて上昇したほか、時間外取引で米株価指数先物が堅調に推移し29日の米株式相場が上昇するとの観測も買い安心感につながった。買い一巡後は円相場が前日比で上昇に転じたことなどもあって、トヨタマツダなど輸出関連株が伸び悩んだ。

 東証1部の売買代金は概算で2兆2060億円(速報ベース)と、4日続けて、活況の目安とされる2兆円を上回った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

トヨタ自動車マツダ

新着記事一覧

読まれたコラム