/

日経平均大引け 3日ぶり反落 輸出関連に利益確定売り

19日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落し、前日比124円11銭(0.53%)安の2万3292円65銭で終えた。米中貿易協議の不透明感を背景に円が対ドルで上昇し、機械や自動車など輸出関連株への利益確定売りを促した。国内の政治リスクも投資家心理の重荷となった。海外の短期筋が株価指数先物にまとまった売りを出し、下げ幅を広げる場面があった。一方、香港ハンセン指数などアジア株の上昇は日本株を下支えした。

東証1部の売買代金は概算で1兆9674億円(速報ベース)だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン