2019年1月16日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,908,835億円
  • 東証2部 73,151億円
  • ジャスダック 86,214億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率12.97倍13.07倍
株式益回り7.70%7.64%
配当利回り1.96% 2.04%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,442.75 -112.54
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,430 -80

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

崔真淑のサイ視点[映像あり]

1月16日(水)14:14

ユンケル欧州委員長 「無秩序離脱のリスク高まった」[映像あり]

アストンマーティンCEO 「合意なき離脱は災害」

1月16日(水)13:00

[PR]

国内株概況

日経平均大引け 続落、45円安 乱高下で商い5兆円に迫る

2017/11/9 15:20
保存
共有
印刷
その他

9日の東京株式市場で日経平均株価は続落した。終値は前日比45円11銭(0.20%)安の2万2868円71銭だった。相場の変動率の大きさを嫌った海外ヘッジファンドなどによるプログラム取引で売りが膨らんだとみられ、株価を押し下げた。

朝方は買いが先行して日経平均は午前中に468円高の2万3382円まで上昇した。取引時間中としては1992年1月以来、約26年ぶりに2万3000円を上回った。だが、午後になると売りが膨らみ、日経平均は390円安の2万2522円まで下げる場面もあるなど、乱高下した。日中の値幅(安値と高値の差)は859円に拡大し、米大統領選のあった16年11月9日の1315円以来の大きさとなった。

売り買いの交錯で東証1部の売買代金は概算で4兆9900億円(速報ベース)まで膨らみ2014年11月4日の5兆4300億円以来の多さとなった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム