/

日経平均大引け 続伸し133円高、米中の株高が支え

18日の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。終値は前週末比133円65銭(0.62%)高の2万1584円50銭と、ほぼ2週ぶりの高値だった。前週末の米株高を受けて投資家心理が改善。18日の中国・上海などアジア株が総じて上昇したことも追い風となり、海外ヘッジファンドが株価指数先物に断続的な買いを入れた。主力の値がさ株や半導体関連株の上昇が目立った。

日経平均は寄り付き直後に160円超上げたが、国内金融機関の決算対策売りが上値を抑え、その後は高値圏で一進一退となった。国内に材料が乏しく商いは低調。東証1部の売買代金は概算で1兆9134億円(速報ベース)と2兆円を割り込んだ。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン