/

日経平均大引け 3日ぶり反落、286円安 高値警戒、都内のコロナ感染最多も嫌気

18日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落し、前日比286円48銭(1.1%)安の2万5728円14銭で終えた。前日に心理的な節目の2万6000円を約29年半ぶりに回復するなど、最近の相場上昇のペースの速さを警戒した利益確定売りが優勢だった。午後に「東京都で新たに確認された新型コロナウイルスの新規感染者数が493人と最多を更新した」と伝わると、日経平均は一段安となり下げ幅は一時350円を超える場面があった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン