/

日経平均大引け 反発 米株高で海外投資家が買い

17日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比187円11銭(0.89%)高の2万1250円09銭で終えた。好調な米企業決算を受け16日の米ダウ工業株30種平均が上昇し、投資家心理が改善した。海外投資家を中心とした買いが入った。外国為替市場での円高一服も下支え要因となり、上げ幅は一時300円を超えた。中国・上海株が下落したため後場は伸び悩んだ。米マイクロソフトとの提携や自社株買いを発表したソニーの上げが目立った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン