2019年2月18日(月)

2/18 11:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,032,659億円
  • 東証2部 74,389億円
  • ジャスダック 88,344億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率13.24倍13.62倍
株式益回り7.55%7.33%
配当利回り1.91% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,273.16 +372.53
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,260 +360

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

2月15日(金)14:14

マイナンバーカードを保険証に 官房長官が指示[映像あり]

アマゾンがNY「第2本社」白紙に 地元の反対受け

2月15日(金)13:00

[PR]

国内株概況

日経平均大引け、反発し177円高 先物に買い戻し、内需関連が高い

2018/12/7 15:08
保存
共有
印刷
その他

7日の東京株式市場で日経平均株価は4日ぶりに反発し、前日比177円06銭(0.82%)高の2万1678円68銭で終えた。6日の米株式相場の急速な下げ渋りで投資家心理の悪化に歯止めがかかり、株価指数先物の売り方による買い戻しを誘った。日経平均は前日までの3日間でおよそ1000円下落していたため、値ごろ感を背景とした見直し買いも入りやすかった。小売りなど内需関連株の一角が買いを集めた。

東証1部の売買代金は概算で2兆5406億円(速報ベース)だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム