/

日経平均大引け 4日ぶり反落、108円安 利益確定売り優勢 米中協議の楽観論後退

15日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反落し、前日比108円59銭(0.45%)安の2万3916円58銭で終えた。「米国は、発動済みの対中追加関税を大統領選後まで維持する」との米報道を受け、米中貿易協議に対する楽観論がやや後退した。製造業や半導体関連をはじめ、このところ上昇の目立っていた銘柄に利益確定売りが広がった。一方、投資余力のある個人投資家などは押し目買いに動き、相場全体の下値を支えた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン