/

日経平均大引け 26年ぶり高値、741円高の2万3506円

700円超上げ、2万3506円で終えた日経平均株価(4日午後、東京都中央区)

2018年の大発会である4日の東京株式市場で、日経平均株価は急反発した。終値は前営業日の17年12月29日に比べ741円39銭(3.26%)高の2万3506円33銭で1992年1月7日以来、約26年ぶりの高値を付けた。前営業日からの上昇幅は16年11月の米大統領選直後以来の大きさで、大発会の上昇としては96年以来の大きさだった。

日本が年末年始の休暇中だった3日までに米国や中国など海外市場で株価が上昇し、4日の日本株買いを後押しした。3日発表の米サプライマネジメント協会(ISM)の17年12月の製造業景況感指数が市場予想を上回るなど景気拡大期待が高まり、世界的な株高につながった。

東証1部の売買代金は概算で3兆2794億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン