/

日経平均大引け、5日続落 364円安、2カ月ぶり1万5000円割れ

14日の東京株式市場で日経平均株価は5日続落した。終値は前週末比364円04銭(2.38%)安の1万4936円51銭と、8月8日以来、約2カ月ぶりに心理的な節目の1万5000円を下回った。世界景気の先行き不透明感が強く、目先の利益をひとまず確定する売りが広がった。景気変動による収益への影響が大きい商社や海運など資源関連銘柄への売りが目立った。

東証1部の売買代金は概算で2兆6864億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン