/

日経平均大引け 反発 638円高の2万6165円 約29年半ぶり高値

24日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反発し、前週末比638円22銭(2.50%)高の2万6165円59銭と、1991年5月以来およそ29年半ぶりの高値を付けた。新型コロナウイルスのワクチンが早期に普及し世界的に経済活動の正常化が進むとの期待から、幅広い銘柄に買いが入った。米次期財務長官に米連邦準備理事会(FRB)のイエレン前議長を充てる人事が有力と伝わったことも投資家心理を上向かせた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン