/

日経平均大引け 反落、新型肺炎拡大で売り、3カ月ぶり安値

3日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、大引けは前週末比233円24銭(1.01%)安の2万2971円94銭だった。心理的節目の2万3000円を再び下回り、2019年11月1日(2万2850円)以来、約3カ月ぶりの安い水準を付けた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で世界景気が減速するとの懸念から、前週末の米株式相場が急落。東京市場でも運用リスクを避ける目的の売りが先行し、朝方には400円超まで下げ幅を広げる場面があった。

もっとも、春節(旧正月)休暇明けに急落して始まった中国・上海総合指数が下げ渋るなど、アジア各国・地域の株価指数が底堅く推移したことを受け、日経平均も急速に下げ幅を縮小した。中国人民銀行(中央銀行)が3日に公開市場操作(オペ)を通じて金融市場に1兆2000億元(約18兆7000億円)を供給したことが、投資家心理の過度な悪化に歯止めをかけた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン