/

日経平均大引け 反発 米中交渉の合意期待で

3日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比207円90銭(0.97%)高の2万1713円21銭で終えた。米中閣僚級協議で米中両国の最終合意が近いと伝わり、「米中貿易戦争の懸念が後退する」と好感する買いが入った。中国の経済指標の改善も、日本株相場を押し上げた。

東証1部の売買代金は概算で2兆4166億円(速報ベース)だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン