/

日経平均大引け 8日続伸、161円高 米中間の緊張緩和で4カ月ぶり高値

12日の東京株式市場で日経平均株価は8日続伸し、前日比161円85銭(0.75%)高の2万1759円61銭で終えた。5月7日以来、4カ月ぶりの水準に上昇した。連続上昇日数は2018年9月13~26日以来、およそ1年ぶりの長さとなる。米中通商協議を巡る緊張が和らいだとの見方から、株式相場の上昇を見込んだ海外短期筋が株価指数先物に買いを入れた。円相場が一時1ドル=108円台に下落し、輸出採算が改善するとの期待も買いを促した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン