2018年10月16日(火)

10/16 21:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 強気すぎたファンド勢 相場の不安定化招く[有料会員限定]
  2. 2位: TKP社長、大塚家具へ追加出資を否定 「事業提携で支援」[有料会員限定]
  3. 3位: アップル株高にもうひとつの理由 借金巧者に高評価[有料会員限定]
  4. 4位: 孫氏を経団連会長に(大機小機)
  5. 5位: 東証大引け 反発で高値引け 短期戻り狙いの買い
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,351,535億円
  • 東証2部 88,788億円
  • ジャスダック 99,330億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率14.09倍14.31倍
株式益回り7.09%6.98%
配当利回り1.74% 1.80%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,549.24 +277.94
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,420 +230

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

みずほ証券 三浦 豊

10月16日(火)14:19

9月の訪日客 5年8ヵ月ぶりに減少[映像あり]

世界の海外直接投資が前年比4割減 18年上期

10月16日(火)13:05

[PR]

国内株概況

日経平均大引け 反発、103円高 先物への買い戻しがきっかけ

2018/10/12 15:09 (2018/10/12 15:16更新)
保存
共有
印刷
その他

12日の東京株式市場で日経平均株価は反発した。大引けは前日比103円80銭(0.46%)高の2万2694円66銭だった。前日の米株式相場の急落を嫌気した売りが先行したが、値ごろ感を背景にした押し目買いが下支えし、後場中ごろ過ぎに株価指数先物の売り方による断続的な買い戻しをきっかけに上げに転じた。アジア株式相場の上昇や円相場の下落、日銀による上場投資信託(ETF)買いの思惑なども相場全体の地合いを改善させた。

東証1部の売買代金は概算で3兆3416億円(速報ベース)だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

相場と投資を読み解く

NY市場の動き

12日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム