/

日経平均大引け 3日続伸、連日で高値更新 出遅れ銘柄に買い

2日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら3日続伸した。前日比24円86銭(0.10%)高の2万4270円62銭で終え、1991年11月13日以来およそ27年ぶりの高値を連日で更新した。北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の妥結で米通商問題への警戒が和らぐなか、外国為替市場で円安・ドル高傾向もあって自動車などの輸出関連株を中心に出遅れ感を意識した買いが優勢だった。

日経平均は下げに転じる場面もあり、上値は重かった。約27年ぶりの高値圏とあって達成感が広がりやすいほか、このところの急ピッチな上げで短期的な高値警戒感も浮上しやすい。ソフトバンクファストリといった主力の値がさ株を中心に利益確定売りが出た。

東証1部の売買代金は概算で3兆653億円(速報ベース)だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン