/

日経平均大引け 下落、155円安 米大統領のコロナ感染で売り

2日の東京株式市場で日経平均株価は下落し、前日(9月30日終値を10月1日終値と認定)と比べ155円22銭(0.67%)安い2万3029円90銭で終えた。8月28日以来の安値水準。トランプ米大統領が日本時間2日午後、ツイッターで新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。米政治の先行き不透明感が広がり、米株価指数先物が急落。日本株にもリスク回避の売りが広がった。日経平均は一時230円安となり、2万3000円の心理的な節目を割り込んだ。

東証1部の売買代金は概算で2兆8642億円(速報ベース)だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン