2018年10月20日(土)

10/20 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 中国に振り回される日本株 決算にらみリスク見極め[有料会員限定]
  2. 2位: 新リース基準で負債急増 取引残高、116社で6.6兆円[有料会員限定]
  3. 3位: ギフト田川社長「横浜家系ラーメンでシェア4割」[有料会員限定]
  4. 4位: 東証大引け 続落、リスク回避の売り 上海株持ち直しで下げ渋る
  5. 5位: 三菱ケミHD、「脱プラ」ストローが吹き消すイメージ[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,374,859億円
  • 東証2部 90,110億円
  • ジャスダック 100,308億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.28倍 --
株価収益率14.15倍14.39倍
株式益回り7.06%6.94%
配当利回り1.73% 1.79%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,532.08 -126.08
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,530 -60

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

10月19日(金)14:18

中国の7〜9月期GDP6.5%成長 2期連続で減速[映像あり]

9月の工業生産高↑5.8% 小売売上高↑9.2%

10月19日(金)13:05

[PR]

国内株概況

日経平均大引け、急落 世界同時株安 下げ幅今年3番目

2018/10/11 15:13
保存
共有
印刷
その他

11日の東京株式市場で日経平均株価は急落し、前日比915円18銭(3.89%)安の2万2590円86銭で終えた。9月10日以来約1カ月ぶりの安値となり、下げ幅は今年3番目の大きさだった。10日の米国株の急落で投資家心理が悪化した。精密機器や機械といった中国関連株を中心に全面安の展開だった。中国・上海などアジア各国・地域の株式相場も軒並み大きく下落し、世界同時株安の様相を強めた。為替の円高・ドル安も売り材料となり、日経平均の下げ幅は1000円を超える場面があった。

東証1部の売買代金は概算で3兆7587億円(速報ベース)だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム