2018年9月26日(水)

9/26 14:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  2. 2位: 株、配当落ち埋める先高観 相場とVI同時上昇が映す強気[有料会員限定]
  3. 3位: 東証10時 小安い、値がさ株の上げ支え 自動車は下げ目立つ
  4. 4位: 東証前引け 小幅続伸、値がさ株が押し上げ 配当落ち分を埋める
  5. 5位: 視野に入る年初来高値 円安進む経験則も[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,865,236億円
  • 東証2部 92,613億円
  • ジャスダック 103,102億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.37倍 --
株価収益率15.22倍15.49倍
株式益回り6.56%6.45%
配当利回り1.60% 1.64%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,002.38 +62.12
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
24,010 +270

[PR]

国内株概況

日経平均大引け、20年10カ月ぶり高値 景気拡大期待広がる

2017/10/11 15:11
保存
共有
印刷
その他

約21年ぶりの高値をつけ、2万881円台で取引を終えた日経平均株価(11日午後、東京都中央区)

約21年ぶりの高値をつけ、2万881円台で取引を終えた日経平均株価(11日午後、東京都中央区)

 11日の東京株式市場で日経平均株価は7日続伸し、前日比57円76銭(0.28%)高の2万0881円27銭で終えた。2015年6月に付けた第2次安倍晋三政権の発足以降の高値を上回り、96年12月5日以来、約20年10カ月ぶりの高い水準となった。10日の米株高や国際通貨基金(IMF)による2017年の世界経済見通しの引き上げをきっかけに海外投資家の先高観が強まった。利益確定目的の売りで下げる場面もあったが、4~9月期の決算発表シーズンを間近に控え、下値では好業績が期待できる銘柄に買いが増えた。7日続伸は16年12月6~16日(9日続伸)以来。

 東証1部の売買代金は概算で2兆3703億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム