/

日経平均大引け 大幅反発、353円高 ワクチン期待が後押し

1日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発し、前日比353円92銭(1.34%)高の2万6787円54銭で終えた。1991年4月以来の高値を更新した。新型コロナウイルスのワクチンが早期に利用されるとの期待感から買いが先行した。売り方の買い戻しや機関投資家とみられる買いが集まり、上げ幅は一時、400円を超える場面もあった。

非鉄金属や金属製品など景気敏感株の一角が大きく上昇した。テクニカル分析の節目である、最高値からバブル後の最安値までの下げ幅に対する61.8%戻しの水準(2万6745円)を終値として初めて超えた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン