/

日経平均大引け、27年ぶり高値 円安好感 外国人が買い

2018年度下半期入りした1日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前週末比125円72銭(0.52%)高の2万4245円76銭で終えた。1月23日以来となる年初来高値を更新し、1991年11月13日以来約27年ぶりの高値を付けた。外国為替市場の円安・ドル高を受け、割安感を評価した海外投資家の買いが続いた。米国とカナダの北米自由貿易協定(NAFTA)の見直し合意も好感された。

東証1部の売買代金は概算で2兆4411億円(速報ベース)だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン