2019年4月20日(土)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,165,696億円
  • 東証2部 74,793億円
  • ジャスダック 91,194億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.56倍14.20倍
株式益回り7.37%7.03%
配当利回り1.86% 1.93%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,200.56 +110.44
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
22,200 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

4月19日(金)14:20

任天堂 「スイッチ」を中国で発売へ テンセントと協業[映像あり]

パイオニアが希望退職者を募集 リストラに着手

4月19日(金)13:00

[PR]

国内株概況

日経平均大引け 反落 米株急落を嫌気 約9カ月ぶり安値

2018/12/18 15:14
保存
共有
印刷
その他

18日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比391円43銭(1.82%)安の2万1115円45銭で終えた。3月28日以来、約9カ月ぶりの安値を付けた。景気減速懸念から17日の米株が急落した流れを引き継いだ。投資家心理が冷え込み、医薬品や食料品といった景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄にも換金売りが目立った。中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が改革開放40周年記念式典の演説で景気刺激策に言及するとの思惑から下げ渋る場面もあったが、演説では触れられなかったことから、大引けにかけて売りの勢いが増した。

東証1部の売買代金は概算で2兆5098億円(速報ベース)だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム