/

日経平均大引け 反発し381円高、2カ月ぶり高値 売買は低調

18日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発し、前週末比381円22銭(1.82%)高の2万1281円85銭と2018年12月17日以来およそ2カ月ぶりの高値で終えた。米中貿易協議の進展期待から機械や鉄鋼、資源・エネルギーなど世界経済の動向に敏感な銘柄を中心にほぼ全面高となった。中国・上海株や香港株などの大幅上昇も投資家心理を強気に傾け、日経平均の上げ幅は一時400円を超えた。

もっとも、国内に買い材料が乏しかったほか、18日の米休場を控えて午後の相場は高値圏で膠着感を強めた。東証1部の売買代金は概算で2兆425億円(速報ベース)と3週ぶりの低水準だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン