/

日経平均大引け 小幅続落、45円安 FFR控え様子見

9日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続落した。終値は前日比45円92銭(0.20%)安の2万2598円39銭だった。前日の米ダウ工業株30種平均の反落を嫌気した売りが先行。日米閣僚級の貿易協議「FFR」の初会合を控え、米通商政策の先行きを見極めたいとして買いを手控える投資家も多かった。もっとも中国・上海株の上昇や、円の対ドル相場が弱含んだことが投資家心理の悪化に歯止めをかけ、日経平均は小幅高に転じる場面もあった。

夏季休暇シーズンでもあり、東証1部の売買代金は概算で2兆1833億円(速報ベース)と引き続き低水準だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン