米国株、6営業日ぶりに大幅反発 自律反発見込みや持ち高調整

2015/7/29付
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】28日の米株式相場は6営業日ぶりに大幅反発した。ダウ工業株30種平均は前日比189ドル68セント高の1万7630ドル27セント(速報値)で終えた。前日におよそ半年ぶりの安値を付けるなど、短期間で大きく下げていたため、自律反発を見込んだ買いが入った。29日まで米連邦準備理事会(FRB)が開く米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明を見極めたいとして、持ち高を調整する目的の買いも入った。

原油先物相場がひとまず下げ止まり、エクソンモービルなどこのところ下げが大きかった石油株が買い戻された。28日の中国・上海株式相場が前日ほど下げなかったこともあり、建機のキャタピラーなど「資本財・サービス」の一角にも買いが入った。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同49.430ポイント高の5089.206(速報値)で終えた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]