2018年5月25日(金)

5/25 15:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 円、急伸はつかの間 「トランプ流」に慣れ[有料会員限定]
  2. 2位: 市場が見透かすトランプ氏の「はったり」[有料会員限定]
  3. 3位: 小野薬品、「オプジーボ頼み」のジレンマ[有料会員限定]
  4. 4位: 三井不動産、今度のジャパンマネーはひと味違う[有料会員限定]
  5. 5位: 東証前引け 小幅反発、米朝交渉継続に期待、円安進捗も後押し

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,450.79 +13.78
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,440 +30

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月25日(金)14:18

官房長官 米朝会談中止「北朝鮮への圧力継続」[映像あり]

ロス商務長官 6月2〜4日に訪中

5月25日(金)13:00

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ1032ドル安で2万4000ドル下回る 長期金利の上昇を警戒

2018/2/9 6:19
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】8日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に続落し、前日比1032ドル89セント安の2万3860ドル46セント(速報値)で終えた。米長期金利の上昇で株式の割高感が強まるとの警戒感から幅広い銘柄に売りが広がった。ダウ平均は過去最大の下落幅となった5日終値も下回り、2万4000ドルを割り込んで終えた。

ニューヨーク証券取引所のトレーダー=AP

 米長期金利の指標である10年物国債の利回りは一時2.88%まで上昇(債券価格は下落)した。2014年1月以来の高水準。国債増発懸念や好景気を受けた物価上昇観測などが背景にある。8日実施の30年物国債入札も低調で、長期金利が上昇しやすかった。金利上昇圧力の高まりを警戒して、投資家がリスク資産を手放す動きが広がった。

 株式相場のボラティリティー(変動率)が高まっており、相場変動の先行きを見極めたい投資家が多い。ボラティリティーの上昇に伴って株売り圧力が強まり、一段安となる展開だった。

 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数も続落し、同274.825ポイント安の6777.159(速報値)と7000を下回って終えた。米長期金利の上昇が警戒され、PER(株価収益率)が高く金利上昇時に割高感が意識されやすいハイテク株には売りが膨らんだ。アマゾン・ドット・コム、マイクロソフト、フェイスブック、アルファベット(グーグル)などの主力株が大幅安となり、指数を押し下げた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム