/

米国株、ダウ6営業日ぶり反発 米中対立への警戒和らぐ

【NQNニューヨーク=岩本貴子】6日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6営業日ぶりに反発し、前日比311ドル78セント高の2万6029ドル52セント(速報値)で終えた。2営業日ぶりに2万6000ドル台を回復した。中国当局が元安進行を抑制する姿勢を示し、米中対立への警戒感が和らいだ。5日に767ドル安と今年最大の下げを記録した反動で、自律反発狙いの買いも入りやすかった。

午前中は不安定な値動きだった。朝方に200ドルを超える上げで始まった後、小幅安に転じる場面もあった。午後に入るとじり高基調となり、この日の最高値圏で取引を終えた。前日のダウ平均は長期的な株価の推移を示す200日移動平均線に迫ったが、6日は一度も同平均線を下回らず、投資家心理の支えになったとの指摘があった。

米財務省が5日夕に中国を「為替操作国」に指定したが、中国人民銀行(中央銀行)は6日に人民元レートの対ドル基準値を市場実勢より人民元高に設定した。人民銀は同日、声明で「為替を貿易戦争に対応するための道具に使ったこともないし、使うこともできない」と主張した。中国が予想ほど強硬ではないとみた投資家が、リスク回避姿勢を後退させた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン