2018年5月24日(木)

5/24 9:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米国株、ダウ反発し52ドル高 利上げ加速の思惑後退 ハイテク株高い
  2. 2位: JPホールディングス、長引く株主との対立 6月総会が焦点[有料会員限定]
  3. 3位: トヨタなど車3社で1.2兆円増益 上場企業決算データ
  4. 4位: NY商品、原油が下落 米原油在庫の増加を嫌気 金は反落
  5. 5位: NY円、続伸 1ドル=110円00~10銭 FOMC議事要旨受け円買い

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,520.16 -169.58
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,550 -170

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ3日ぶり反発 2年5カ月ぶり上げ幅 午後に買い直し

2018/2/7 6:22
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】6日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前日比567ドル02セント(2.3%)高の2万4912ドル77セント(速報値)で終えた。上げ幅は2015年8月26日以来ほぼ2年5カ月ぶりの大きさ。ダウ平均は前日に過去最大の下げを記録し、短期的な戻りを見込んだ買いが優勢となった。朝方に567ドル安と大きく下げる場面があったが、午後になると世界経済の拡大観測を背景とした買い直しがハイテクや消費関連などに入った。

ウオール街

 多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数が、下値メドとされた100日移動平均線の前後で下げ止まった。投資家の下値不安がやや和らぎ、株買いにつながったとの指摘があった。

 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反発し、同148.357ポイント(2.1%)高の7115.883(同)で終えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

関連キーワード

新着記事一覧

読まれたコラム