10/22 13:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ダウ最高値圏で足踏み、「不況サイン」の憂鬱(NY特急便)[有料会員限定]
  2. 2位: 上場企業社員の平均年収692万円、18年度 年率で1%増[有料会員限定]
  3. 3位: あなたの業種の平均年収は? 2018年度年収ランキング
  4. 4位: 中古iPhone7、ドコモ端末下げ渋り SIMロック解除評価[有料会員限定]
  5. 5位: 投資家注目のオンコリス、風邪ウイルスで抗がん剤[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,548.90 +56.22
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,570 +110

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、反落 ゴールドマン下落が重荷、利益確定売りも

2019/4/16 5:05
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=滝口朋史】15日の米株式相場は反落した。ダウ工業株30種平均は前週末比27ドル53セント安の2万6384ドル77セント(速報値)で終えた。朝方に発表した2019年1~3月期決算で事業会社の売上高にあたる純営業収益が市場予想を下回ったゴールドマン・サックスが売られ指数を押し下げた。発表が本格化している四半期決算を見極めたいとの雰囲気も根強く下値は限られた。

ゴールドマンが4%近く下落し、1銘柄でダウ平均を53ドルあまり押し下げた。債券や為替、株式などの取引が低調で1~3月期は減収減益だった。コスト削減で1株利益は市場予想を上回ったが、純営業収益が市場予想以上に減少したのを嫌気した売りが出た。ダウ平均はほぼ半年ぶりの高値圏にあり利益確定目的の売りも出やすかった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム