2018年9月26日(水)

9/26 20:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日経平均が2万4000円回復 次の節目を見始めた投資家[有料会員限定]
  2. 2位: 日経平均2万4000円台回復、市場関係者に聞く[有料会員限定]
  3. 3位: 株、配当落ち埋める先高観 相場とVI同時上昇が映す強気[有料会員限定]
  4. 4位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  5. 5位: 東証大引け 続伸、2万4000円台回復 海外勢の買いで年初来高値迫る

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,033.79 +93.53
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
24,000 +260

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

日経マネー 発行人 大口 克人

9月26日(水)14:18

トヨタ 欧州で法人向けカーシェア[映像あり]

日産自 検査不正の最終報告書を国交省に提出

9月26日(水)13:01

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ反落し1カ月半ぶり安値 米中摩擦を警戒 半導体が大幅安

2018/6/26 5:18
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】25日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落し、前週末比328ドル09セント安の2万4252ドル80セント(速報値)と5月上旬以来ほぼ1カ月半ぶりの安値で終えた。トランプ米政権が中国の知的財産侵害への対策を強化するため、中国企業による対米投資制限とIT(情報技術)技術の流出規制の原案を6月末までに発表する見込みと24日に伝わった。米中摩擦が世界経済の停滞を招くとの警戒感から売りが膨らんだ。

 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日続落し、同160.812ポイント安の7532.006(同)で終えた。中国へのIT技術の流出規制で半導体のサプライチェーン(供給網)が崩れるとの見方から、エヌビディアなど半導体株が総じて下落。アルファベット(グーグル)やフェイスブックなど主力ネット株にも売りが波及した。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム