米国株、続落 ギリシャ懸念で取引終了にかけ下げ幅拡大

2015/6/26 5:30
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=大石祥代】25日の米株式相場は続落した。ダウ工業株30種平均は前日比75ドル71セント安の1万7890ドル36セント(速報値)で終えた。ユーロ圏財務相会合で、ギリシャの金融支援を巡る交渉は結論を持ち越した。先行き不透明感が意識され、取引終了にかけて下げ幅が拡大した。午前は上げる場面が目立った。5月個人消費支出(PCE)が前月から市場予想を上回って増えたことが手掛かりだった。

米連邦最高裁判所は25日、医療保険制度改革法(オバマケア)での一部の政府補助金支給は合法と判断したことで、医療保険や病院関連の銘柄上昇が目立った。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は前日比10.223ポイント安の5112.190(速報値)で終えた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]