/

米国株、ダウ続伸 原油高や経済再開期待で

【NQNニューヨーク=横内理恵】15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比60ドル08セント高の2万3685ドル42セント(速報値)で終えた。経済再開に伴う米景気指標の改善や原油先物相場の続伸を受け、リスク資産である株式にも買いが入った。米中対立が激化するとの懸念から下げに転じる場面もあった。

ニューヨーク連銀が発表した5月の製造業景況指数は景況感の弱さを示す水準だったものの4月からは改善した。この日は市場予想を上回る経済統計が目立った。米国では30州以上が経済活動を再開し始めており、米景気が回復に向かうとの期待が高まった。経済規模の大きいニューヨーク州も一部地域で経済活動の再開を決めた。原油先物相場が一時2カ月ぶりの高値を付けたことも、投資家心理の改善につながった。

ダウ平均は朝方に200ドル超下げる場面があった。米商務省が15日に中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する事実上の禁輸措置を強化すると発表した。米国製の半導体製造装置を使っていれば、米国外で製造した半導体でもファーウェイに輸出できなくなる。日本や台湾などの半導体メーカーの製品輸出が難しくなり、ファーウェイには大きな打撃となる。中国政府も対抗措置をとる構えだと伝わっており、米中摩擦の激化による米景気の下振れリスクが意識された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン