/

米国株、ダウ続伸 半年ぶり高値、ナスダック6日ぶり反落

【NQNニューヨーク=古江敦子】4日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比166ドル50セント高の2万6384ドル63セント(速報値)と2018年10月9日以来ほぼ半年ぶりの高値で終えた。米中貿易協議が最終合意に近いとの期待が相場を支えた。足元で下落していた航空機のボーイングが上昇し、ダウ平均を押し上げた。

ただ、5日発表の3月の米雇用統計前で積極的な取引を見送る雰囲気も強く、上値を追う勢いは限られた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は小幅ながら6営業日ぶりに反落した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません