/

米国株、反発 雇用統計を好感 ナスダック過去最高値

【NQNニューヨーク=横内理恵】3日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が3日ぶりに反発し、前日比196ドル55セント高の2万6504ドル34セント(速報値)で終えた。4月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数が市場予想を上回る伸びとなった。米景気に対する楽観が広がり、素材や資本財、消費関連の一角など景気敏感株が買われた。

ナスダック総合株価指数は127.274ポイント高の8163.996を付け、4月29日以来となる過去最高値を更新した。アマゾン・ドット・コムが3%強上げるなど、大型ハイテク株が軒並み買われた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン