2018年9月19日(水)

9/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: IFRSが招く錯覚 動く株価、透ける短期志向[有料会員限定]
  2. 2位: 東証大引け 3日続伸 米、対中制裁表明で買い戻し加速
  3. 3位: 株、買い戻し呼んだ対中制裁第3弾 危うさ潜む独歩高[有料会員限定]
  4. 4位: 貿易戦争懸念再び ドルと円の拮抗続くか[有料会員限定]
  5. 5位: 地銀経営は360度で点検 金融庁長官、スルガ銀問題受け[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,420.54 +325.87
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,280 +310

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ続伸 米中が貿易協議再開との報道で 半導体株安は重荷

2018/9/13 5:14
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】12日の米株式相場市場ではダウ工業株30種平均は続伸し、前日比27ドル86セント高の2万5998ドル92セント(速報値)で終えた。数週間以内に米中が貿易協議を再開する可能性があるとの報道を受け、貿易摩擦への過度の警戒感が和らいだ。米中摩擦の影響を受けやすいとされる銘柄を中心に買いが入った。

 半導体株に売りが広がったことが上値を抑えた。同日開催した新製品発表会で新型「iPhone(アイフォーン)」を発表したアップルにも利益確定売りが出た。

 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに反落し、同18.245ポイント安の7954.229(速報値)で終えた。アップルが下げ、アルファベット(グーグル)やフェイスブックなど主要ハイテク株の一角が軟調だった。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム