/

米国株、ダウ続伸 米中貿易協議の再開を好感、買い一巡後は伸び悩み

【NQNニューヨーク=横内理恵】1日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前週末比117ドル47セント高の2万6717ドル43セント(速報値)で終えた。米中が6月29日に開いた首脳会談で貿易協議の再開で合意した。米政府は追加関税「第4弾」の発動見送りや、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への汎用品の輸出を認める方針を示した。貿易摩擦がエスカレートするとの警戒感が後退し、半導体やIT(情報技術)関連、資本財株の一角が買われた。ダウ平均は昨年10月につけた過去最高値を上回る場面があった。

買いの勢いが一巡すると伸び悩んだ。米中貿易摩擦への過度の警戒感が和らいだことで米連邦準備理事会(FRB)の利下げ観測がやや後退したとの指摘があった。主要株価指数が高値圏で推移しており、利益確定や持ち高調整の売りも出やすかった。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は4日続伸した。多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は3日続伸し、過去最高値で終えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン